「InfiniTalk」クラウド版 スマートフォンプランを提供開始

各位

ジェイエムエス・ユナイテッド株式会社



コロナ禍で導入企業拡大中の「InfiniTalk」、スマホで代表電話を受電できる新プラン登場
~場所を問わず、複数のメンバーが同時にスマホで受電可能~


 流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫、東証マザーズ・証券コード:6067)の子会社で、コールセンターの受託、情報通信・コンテンツ事業をはじめとしたBPO事業を展開するジェイエムエス・ユナイテッド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:秋庭孝俊、以下「当社」)は、当社が提供しているクラウド型コールセンターシステム「InfiniTalk(インフィニトーク)」で、スマートフォンで代表電話を受電できる新プランの提供を開始いたしました。


◆スマートフォンプラン提供開始の背景

導入実績300社を超える「InfiniTalk」は、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにテレワークが普及したことや、昨今のバックオフィス業務の効率化・変革を目的とした業務のDX推進等により受注件数が増加し、今後も「InfiniTalk」のニーズが高まることが予想されます。
また、「InfiniTalk」導入に向けてお問い合わせいただいた企業様より、下記のようなお悩み・課題を抱える企業様が多く、今後もテレワークの促進やバックオフィス業務のDXに伴うニーズに対応すべく、スマートフォンで代表電話を受電できる新プランの提供を開始いたしました。


【企業様のお悩み・課題】
・ 在宅対応にすると代表電話転送が1名にしかできない → すべての電話を1人で対応は不可能 (機会損失の恐れ)
・ 携帯番号からの着信だとお客様が警戒して電話に出てくれない → お客様と連絡がとれない (機会損失の恐れ)
・ 電話代行サービスを利用しないで自社で完結したい → スピーディーな対応ができない (機会損失の恐れ)
・ 電話番のために社員を強制的に出社させなければならない → 社員の不満やストレスの増加 (離職の可能性)


◆スマートフォンプラン 概要


スマートフォンさえあれば、本社や事務所に掛かってきたお客様からの電話を「InfiniTalk」へ転送することによって、場所を問わず、複数のメンバーが同時に着信を取ることができ、尚且つ発信時にも個人の携帯電話番号ではなく、050番号を利用して発信することが可能です。

【スマートフォンプラン ご利用イメージ】

【InfiniTalk について】

オープンソースソフトウェア“Asterisk(R)”をベースに開発したコールセンターシステムです。ACDやIVRをはじめ豊富な機能性をもち、設定変更が簡単に行える操作性を実現。規模に応じたライセンスや機能追加できる拡張性を備えております。300社10,000席以上の導入実績があり、コールセンター運営会社をはじめ、業界業種問わずご利用いただいております。ご利用内容や規模、ご予算に応じた柔軟なシステム構成でサービスを提案いたします。


【ジェイエムエス・ユナイテッド株式会社 会社概要】


事業内容:
1.コールセンター、バックオフィスなどの運営サービス
2.バックオフィス(BPO)の業務受託事業
3.人材関連事業
4.情報通信、コンテンツ関連事業
5.各種デバッグ業務
6.コールセンター向けシステムの開発・販売・保守
設  立:  1994年6月16日
資 本 金:   100百万円 (インパクトホールディングス株式会社100%子会社)
代 表 者:   代表取締役社長 秋庭孝俊
本社所在地: 東京都新宿区西五軒町13番1号
従業員数:  207名(うち正社員119名) ※2019年12月末時点
WebURL:  https://www.jms-united.co.jp/


【インパクトホールディングス株式会社 会社概要】


事業内容:
流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業
アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。
調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が28万人を超える。
設  立:  2004年2月
資 本 金:   1,325百万円 ※2020年3月末時点
代 表 者:   代表取締役社長 福井康夫
本社所在地: 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数:  1,372名(うち正社員 445名) ※2020年1月末時点
WebURL:   コーポレートサイトhttps://impact-h.co.jp/  サービスサイトhttps://impact-h.jp/


▶プレスリリースは、こちらをご覧ください。
▶ニュースリリース一覧

TOP