株式会社ニッポンダイナミックシステムズ 様

PBXリプレイスで、InfiniTalkを導入 本社オフィスPBXをレガシータイプからIP-PBXへ切り替え

BEFORE

オフィスPBX導入背景 老朽化したオフィスPBXを使い続けるのは不安。リプレイスの検討を開始 事業支援グループ マネージャー 鮎澤 俊之様、同グループ マネージャー 藤本 ひとみ様に、 InfiniTalk導入の背景につきましてお話を伺いました。 「これまで使用していたPBXは10年以上が経過し、故障や保守切れの問題が絶えず懸念事項となっていました。このまま利用し続けることは不安でしたので、約1年前からリプレイスを前提に新しいシステムの検討を開始しました。」

AFTER

  • PBX
  • オンプレミス
システムソリューション
  • コールセンターシステム導入プラン
  • IP-PBX
  • コールセンターシステム

導入製品 PBX Edition
利用内容 オフィスPBXとして利用
利用拠点 1拠点 本社(東京都世田谷区)
導入企業様の概要
株式会社ニッポンダイナミックシステムズ 様
株式会社ニッポンダイナミックシステムズ 様
ソフトウェア開発・販売を中心に事業展開する株式会社ニッポンダイナミックシステムズ(以下、ニッポンダイナミックシステムズ)は、さまざまなビジネスの効率化を支援する多彩なITソリューションをご提供し、さらなる事業拡大を目指しています。
この度、PBX(電話交換機)のリプレイスで、数あるオフィスPBXの中から、今後のオフィス電話利用に適したInfiniTalkを導入いただきました。

オフィスPBX導入の経緯・ポイント
point1 端末としてスマートフォン等を利用できること
point2 サポート対応体制を強化できること
point3 利用していた電話機と同じように操作でき、社員に負担をかけないこと

利便性と拡張性が必要。機能要件と使いやすさでInfiniTalkを選定
InfiniTalkを導入いただいたポイントについてお聞きしました。

鮎澤様は、「新しいPBXではオフィス用電話の利用だけでなく、社内端末としてスマートフォンを利用できること。またサポートの問い合わせ対応は、専門スタッフに着信の振り分けや時間プランの設定ができ、設定変更も簡単にできることが重要であり、以上の観点からInfiniTalkの導入を決めました。」

藤本様は、「新しい電話操作で社員の業務に支障が生じないこともポイントでしたが、導入直後からスムーズに使えたので満足しています。まだ利用できていない機能もあるので、ニーズに合わせて活用していきたいと考えています。」とのことです。

オフィスPBXシステム構成

今後の展望
各支店との拠点間接続の実現
鮎澤様に今後の展開についてもお聞きしました。
鮎澤様は、「今後は、複数の地方拠点と接続することで、拠点間の内線通話実現と各拠点にある電話機の統一を検討しています。拠点間の内線通話により、業務効率の向上や通信費の削減、またPBXの集約で管理/運用費の削減を見込んでおります。VPN接続で容易に実現できそうなので、早めに取り組みたいと考えています。
また、導入したことサービスマネジメントの効率化を図ることができました。カスタマーサポートの品質向上も次のステップでの課題です。」とのことです。

拠点間をVPNで接続することにより、1台のInfiniTalkを複数拠点で利用することが可能です。PBXを集約することで拠点間の内線化を実現し、業務効率の向上やランニングコストの削減が見込めます。このようにお客様の様々なご要望を低価格で実現できることがInfiniTalkの大きな特徴です。

(2014年2月)

株式会社ニッポンダイナミックシステムズ 様

会社名 株式会社ニッポンダイナミックシステムズ
所在地 東京都世田谷区
設 立 昭和44年9月
事業内容 ソフトウェア受託開発、パッケージソフト販売

TOP